『究極の持続性とは何か』

スマートコントラクト活用共同研究講座は、暗号学と情報学におけるゲーム理論を基軸にした
パブリックチェーン上で稼働するプログラムである『スマートコントラクト』の
新規な性質と産業利用を研究します。

MISSION

スマートコントラクトが持つ、法学的にユニークな性質を最大限に利用した

実世界ユースケースを開拓・啓蒙する

​研究紹介

Multi-party Computing (MPC)  Trusted Execution Environment (TEE) / Secret Network / Zero Trust  Trustless / Self-sovereign Identity (SSI) / Data Free Flow with Trust (DTTF) / Non-fungible Token (NFT) / Web3

行政DX

熟議民主主義 / DAO4N / T-Gov / 形式手法 /Ethereum / Solidity / DAO / Formal Verification / Verifiable Delayed Function / zk-SNARKs / Deliberative Democracy

立法DX

スマートコントラクト活用共同研究講座は、暗号学と情報学におけるゲーム理論を基軸にした
パブリックチェーン上で稼働するプログラムである『スマートコントラクト』の
新規な性質と産業利用を研究します。

メンバー紹介

谷田 純

JUN TANIDA

教授

山田 憲嗣

KENJI YAMADA

特任教授

泰間 健司

KENJI TAIMA 

准教授

落合 渉悟

SHOGO OCHIAI

特任研究員

宮西 七海

NANAMI MIYANISHI

特任研究員

ACCESS

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2番8号

大阪大学吹田キャンパステクノアライアンス棟

大阪大学大学院 情報科学研究科情報数理学専攻

スマートコントラクト活用共同研究講座